【伝統的工芸品萩焼専門窯元・陶房大桂庵樋口窯】

当店は樋口大桂が萩焼伝統工芸士としての自信と誇りを持って作る伝統的工芸品萩焼専門窯元であり、樋口大桂が作った作品を実店舗とWEBサイトでご紹介する小売店です。
こちらのwebサイト・お電話によるご注文及び実店舗で販売しております。ご不明な点は上記の「お問い合わせ」及び「お電話」でも承っておりますのでお気軽にご連絡ください。
あなた様がお探しの作品が見つかり、私どもとご縁をお繋ぎいただければ幸いでございます。


【7月~9月の企画】【月イチプレゼント】はこちらからご覧ください。

【プレゼント企画】こちらから。どなたでもご応募OK!


【やまぐちECエール便】下記の期間は国内どこでも送料無料!
第1回送料支援キャンペーンは6月1日~8月31日まで、第2回送料支援キャンペーンは4年10月1日~12月31日までとなりますが、予定より早く終了することもございますので予めご了承下さい。

   


萩焼が出来るまで

萩焼が出来るまで

【伝統的工芸品萩焼の規約】
萩焼は、2002年1月経済産業省より伝統的工芸品として指定され、下記の内容は実際に告示さ
れた資料に基づき掲載しております。

一・伝統的工芸品の名称 萩焼(はぎやき)
二・伝統的な技術又は技法
1・胎土(たいど)は水簸(すいひ)により調合すること。
2・成形は、ろくろ成形・手ひねり成形・押型成形・たたら成形によること。
3・素地の模様付けをする場合には、化粧がけ(けしょうがけ)・刷毛目(はけめ)・象がん・印花(い
  んか)・面取り(めんどり)よること。
4・釉掛け(ゆうかけ)は、ずぶ掛け・柄杓(ひしゃく)掛け・吹き掛けによる。この場合において、
  釉薬は、木灰釉(もくばいゆう)・藁灰釉(わらばいゆう)・鉄釉(てつゆう)とすること。
5・窯詰めは、天秤積み(てんびんつみ)・棚積み(たなつみ)・さや積みによること。
三・伝統的な原材料 使用する陶土は、大道土(だいどうつち)・金峯山土(みたけつち)・見島土、又
  はこれらと同等の材質を有するものとすること。
四・製造される地域 山口県萩市・長門市・山口市・阿武町・大津郡三隅町
五・指定年月日 平成14年1月30日

【萩焼の工程】
●土もみ-1・荒もみ2・菊もみ→3・まとめ
●成型(ろくろ)-1・水引き→2・乾燥→3・ケズリ・仕上げ→4・乾燥→5・(化粧掛け)→6・乾燥
●成型(押し型-)1・成型→2・乾燥→3・ケズリ・仕上げ→4・乾燥
●成型(たたら)-1・土伸ばし→2・乾燥→3・成型→4・乾燥→5・仕上げ(足付け)→6・乾燥
●焼成-1・窯づめ→2・素焼→3・窯出し→4・釉がけ→5・窯づめ→6・本焼→7・窯出し

【土もみ】-荒もみ
「萩焼が出来るまで」土もみ-荒もみ
【土もみ】-菊もみ

【土もみ】-砂を入れた場合
「萩焼が出来るまで」土もみ-砂入り2

【水挽き】-湯呑「萩焼が出来るまで」水挽き-湯呑

【水挽き】-大湯呑
「萩焼が出来るまで」水挽き-大湯呑

【水挽き】-汲出し湯呑「萩焼が出来るまで」水挽き-汲出し湯呑

【水挽き】-飯碗「萩焼が出来るまで」水挽き-飯碗

【水挽き】-徳利「萩焼が出来るまで」水挽き-徳利

【水挽き】-平鉢「萩焼が出来るまで」水挽き-平鉢

【水挽き】-銘々皿「萩焼が出来るまで」水挽き-銘々皿

【水挽き】-豆花入
「萩焼が出来るまで」水挽き-豆花入

【水挽き】-コンポート
「萩焼が出来るまで」水挽き-コンポート

【水挽き】-抹茶碗
「萩焼が出来るまで」水挽き-抹茶碗

【削り】-湯呑
「萩焼が出来るまで」削り-湯呑

【削り】-大湯呑
「萩焼が出来るまで」削り-大湯呑

【削り】-汲出し湯呑「萩焼が出来るまで」削り-汲出し湯呑

【削り】-飯碗「萩焼が出来るまで」削り-碗

【削り】-小鉢「萩焼が出来るまで」削り-小鉢

【削り】-平鉢「萩焼が出来るまで」削り-平鉢

【削り】-小皿「萩焼が出来るまで」削り-小皿

【削り】-平皿「萩焼が出来るまで」削り-平皿

【削り】-豆花入「萩焼が出来るまで」削り-豆花入

【削り】-水盤
「萩焼が出来るまで」水挽き-水盤

【仕上げ】-土瓶(急須)
「萩焼が出来るまで」仕上げ-土瓶

【仕上げ】-コンポート
「萩焼が出来るまで」仕上げ-コンポート

【仕上げ】-茶香炉
「萩焼が出来るまで」仕上げ-茶香炉

【化粧掛け】-ずぶ掛け(湯呑)「萩焼が出来るまで」化粧掛け-湯呑

【化粧掛け】-ずぶ掛け(抹茶碗)
「萩焼が出来るまで」化粧掛け-抹茶碗

【化粧掛け】-刷毛目(飯碗)
「萩焼が出来るまで」化粧掛け(刷毛目)-飯碗

【化粧掛け】-刷毛目(蓋付碗)
「萩焼が出来るまで」化粧掛け(刷毛目)-蓋付碗

化粧掛け-刷毛目(平鉢)「萩焼が出来るまで」化粧掛け(刷毛目)-平鉢

【素焼き】-約900℃
「萩焼が出来るまで」素焼き

【釉薬作り】-わら釉薬「萩焼が出来るまで」釉薬作り

【釉薬掛け前のペーパー掛け】「萩焼が出来るまで」釉薬掛け-前処理

【釉薬掛け】-木灰釉(完成作品は刷毛目の湯呑)「萩焼が出来るまで」釉薬掛け(透明釉)-湯呑

【釉薬掛け】-木灰釉(完成作品は御本手の飯碗)「萩焼が出来るまで」釉薬掛け(透明釉)-飯碗

【釉薬掛け】-木灰釉(完成作品は刷毛目のタンブラー)
「萩焼が出来るまで」釉薬掛け(透明釉)-タンブラー

【釉薬掛け】-わら灰釉(完成作品は白萩掛分けの平皿)
「萩焼が出来るまで」釉薬掛け(わら釉)-平皿

【釉薬掛け】-木灰釉と鉄釉(完成作品は掛分けの平皿)「萩焼が出来るまで」釉薬掛け(透明釉&鉄釉)-平皿

【釉薬掛け】-わら釉と黒釉(完成作品は掛分けの水盤)「萩焼が出来るまで」釉薬掛け(鉄釉&黒釉)-水盤

【本焼】-還元焼成(1280℃~1300℃)「萩焼が出来るまで」本焼き

【窯出し】-酸化焼成「萩焼が出来るまで」窯出し

【窯出し・検品後】-花器類の水止め
「萩焼が出来るまで」窯出し後の水止め処理

【タタラ作り】-平皿の成形から足付け「萩焼が出来るまで」タタラ作り

【押し型成形】-作り(置物申)
「萩焼が出来るまで」押し型作り-置物成形

【押し型成形】-仕上げ(置物申)
「萩焼が出来るまで」押し型作り-置物仕上げ

【押し型成形】-釉薬掛け(置物申)
「萩焼が出来るまで」押し型作り-置物釉薬掛け

【押し型成形】-作り・仕上・釉薬掛け(箸置ききのこ)
「萩焼が出来るまで」押し型作り-箸置きの成形から釉薬掛け


【大桂庵の営業日】
  • 今日
  • 休業日
  • 萩焼体験予約不可

●陶芸体験は下旬まで休業

◎赤色の日-定休日・臨時休業
※実店舗・WEBサイト・発送・萩焼体験

商品カテゴリ

【私が承ります】

メールアドレスを入力し登録ボタンをクリック

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ