お買物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様のお声 サイトマップ
注目キーワード
【2017年・茶チャchaまつり11月18日20時から27日17時まで

萩焼伝統工芸士・樋口大桂の作ったお茶道具・カップ&ソーサを特別割引でご提供いたします。 
各種プレゼント・ご自身へのご褒美に癒しのひとときはいかがでしょうか。

◎こちらのアイコン大桂庵-茶チャCHAまつりの付いた作品
⇒30,000円(税込)までの茶道具と10,000円(税込)までのカップ&ソーサを表示価格より「29%割引」・友の会会員様「35%割引」

⇒30,000円(税込)以上の茶道具と10,000円(税込)以上のカップ&ソーサを表示価格より「34%割引」・友の会会員様「40%割引」

◎30,000円(税込)以上の茶道具をお買上げの先着5名様に樋口大桂の手捻りの抹茶碗進呈
◎お茶道具・カップ&ソーサをご注文の先着20名様に紅茶専門店のティーバッグ進呈

《ちょっぴり訳あり抹茶碗限定7碗》通常価格から7〜8割引はこちらからどうぞ。  

※ちょっぴり訳あり抹茶碗以外は、お買物券・スタンプカードのご利用もOKです。

 
【秋のおすすめ-福(29%)割引9月1日から11月30日まで

御本手・鉄赤釉・鉄釉・掛分け(御本手&鉄釉系・わら&黒釉系)の作品

当店ではその季節にマッチする風合いの作品をおすすめ作品として割引対応させていただいております。各種プレゼント・ご結婚の御祝や記念品などに、「萩焼伝統工芸士・樋口大桂」が作った「伝統的工芸品・萩焼」はいかがでしょうか。

◎こちらの秋のおすすめアイコン大桂庵・秋のおすすめアイコンの付いた全作品⇒表示価格より「29%割引」・友の会会員様「35%割引」

「お願い」
※ご注文の際及びご注文後すぐ自動的に送信させるメールには割引価格・送料サービスとなっておりませんが、こちらで最終的な在庫などを確認した上で割引・決済処理をし割引金額を明記したサンクスメールを送信させていただきます。

※割引することにより送料サービス金額から対象外となる場合がございますのでご注意下さいませ。

※当店では過剰包装しないで欲しいというご要望から、割れないようにしっかりパッキンで包み発送しております。
※のし紙掛けをご希望のような贈り物にされる場合は、各ページの下にある各箱を別途ご注文下さいませ。

※ご注文に際し各ページの一番下に明記しております【大桂庵のホームページでのお買物について】やインフォメーションをご覧下さいませ。


 

おもしろ写真館-大桂庵編


萩焼窯元ネットショップ大桂庵のご案内-おもしろ写真館(大桂庵編)




【鬼白のお湯呑ふたつ】
萩焼は生地で素焼きをし、釉薬を掛けて本焼きをします。釉薬は焼成時に溶けますが、いかにタイ
ミング良く焼成をストップさせるかで作品の出来上がりが違ってきます。この画像は焼成の時にく
っついてしまい、窯出しの時に発見したものです。




【立つ急須の作陶とは…?】
テーブルの上に立つ急須は、基本的にバランス良く作陶されたものです。手造りの急須は本体・取
っ手・口・蓋とすべて別々に作陶しあとから付けますが、その過程において本体をすべて同じ厚み
で造れているか・適切な角度で取っ手がつけられているかなどによって、使いやすい・注ぎやすい
・重く感じないなどの急須となります。
なお、作風・味わい重視の作品の場合は必ずしも該当しないこともありますので、悪しからずご了
承下さい。




【やきものは力仕事…?】
ろくろで造ったものを板(90cm)に並べ次々と造り、板にいっぱいになると乾燥させる為に違う場所
に移動させます。画像は花入れですが、1本1.3Kgで造り14本の総重量は18Kgになります。背の高い
花入れはバランスよく持ち上げるのに一苦労です。
この作品の場合、ろくろで造った後に乾燥・仕上げ(削り)・乾燥・素焼・釉薬掛け・本焼きの工程
を経て最終的には700g程度まで軽くなりますが、その間、この板に乗せて数えきれないほど移動さ
せますのでやきものは正に力仕事といえます。




【大きい作品は軍手が必需品…?】
ろくろでやきものを造る時、手に水分と一緒にぬた(陶土に多量の水分を含ませたもの)を手に取り
造ります。つぼ・皿・鉢などの大きい作品を造る時は、適度な水分とぬたを含んだ軍手をして造る
ことで水分を調整しやすくなるので造りやすくなります。
若い頃は手で直接造っていた樋口大桂も、日本工芸会山口支部の先輩に教わってからは大きい作品
の作陶時には軍手が必需品となりました。
画像は1本8Kgの陶土で32cmの大きさのつぼを造っているところですが、1割少し縮みますので出来
上りは28cm程度の大きさのつぼになります。
【この作品のこの後の工程】
乾燥⇒削り・仕上げ⇒乾燥⇒化粧掛け⇒乾燥⇒素焼⇒釉薬掛け⇒本焼き⇒窯出し







【釉薬で手が真っ黒に…?】
萩焼の陶土は粗く耐火度高いために焼き締まりにくいという特質があり、素焼・施釉・本焼きをす
るという工程により強度が増します。この作品は御本手と鉄釉の掛分けという作風で2種類の釉薬
を掛けて焼成しますが、いかに掛け分けるがとても難しく造り手の腕の見せ所です。釉薬のついた
手は、ゴシゴシ洗わないとなかなか落ちません。


ページトップへ