お買物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様のお声 サイトマップ
注目キーワード
【臨時休業のお知らせ】

◎5月14日〜6月7日頃迄、諸事情により実店舗・ネットショップの発送業務を休業させていただきます。
ネットショップでのご注文は承りますが、メールのご返信にお時間をいただくこととなりますので、悪しからずご容赦下さいませ。
◎5月下旬〜6月初旬の業務は状況次第となりますので、実店舗へのご来店・ネットショップでのお買物の期日指定などのお問合せは下記までご連絡下さいませ。
電話番号 0838-22-1447(樋口まで)


福(29%)割引の春のおすすめ】 白姫・刷毛姫・淡青釉・姫萩(置物を除く)
◎期間-3月1日〜5月末日17時まで

当店ではその季節にマッチする風合いの作品をおすすめ作品として割引対応させていただいております。
母の日や父の日のプレゼント・ご結婚やお誕生日の御祝に記念品などに、「萩焼伝統工芸士・樋口大桂」の「伝統的工芸品・萩焼」はいかがでしょうか。

◎こちらの春のおすすめアイコンイコンの付いた全作品表示価格より「29%割引」・友の会会員様「35%割引」

「お願い」
※ご注文の際及びご注文後すぐ自動的に送信させるメールには割引価格・送料サービス・お買物券ご利用の値引きとなっておりませんが、こちらで最終的な在庫などを確認した上で割引・決済処理をし割引金額を明記したサンクスメールを送信させていただきます。

※割引することにより送料サービス金額から対象外となる場合がございますのでご注意下さいませ。

※当店では過剰包装しないで欲しいというご要望から、割れないようにしっかりパッキンで包み発送しております。
のし紙掛けをご希望のような贈り物にされる場合は、各ページの下にある各箱を別途ご注文下さいませ。

※ホームページに未掲載の作品も多数ございますので、ご希望がございましたら下記までご連絡下さいませ。

大桂庵・春のおすすめ作品

【大桂庵のホームページでのお買物について】

◎各作品の税込価格+各箱代(ご希望の場合のみ)+送料(お買物金額及び発送先によりサービス)
※友の会の会員様は会員割引30%引き⇒ご入会は別途お手続きが必要となりますので当店までご連絡下さい。

※ネット会員にご登録でネットポイントを発行⇒次回のご注文時にシステムからご利用下さい。

※ご注文金額の5%相当のお買物券進呈(明細書に同封)⇒次回ご注文時、備考欄に発行No(有効期限内のもの)をご記入ください。

※ご注文の際及びご注文後すぐ自動的に送信させるメールには割引価格・送料サービス・お買物券ご利用の値引きとなっておりませんが、こちらで最終的な在庫などを確認した上で割引・決済処理をし割引金額を明記したサンクスメールを送信させていただきます。

※割引することにより送料サービス金額から対象外となる場合がございますのでご注意下さいませ。

※当店では過剰包装しないで欲しいというご要望から、割れないようにしっかりパッキンで包み発送しております。
のし紙掛けをご希望のような贈り物にされる場合は、各ページの下にある各箱を別途ご注文下さいませ。

※ご不明な点がございましたら当店までお気軽にご連絡下さいませ。(電話 0838-22-1447・樋口まで)


萩焼とはどんなやきもの?

萩焼窯元ネットショップ大桂庵のご案内-萩焼について・うつわの使い方


≪萩焼ってどんなやきもの?≫


●萩焼の起源〜現在
藩主毛利輝元公が豊臣秀吉公の命による朝鮮出兵の際、朝鮮の名工であった李勺光・李敬兄弟を招
き、兄弟が毛利家より俸禄を賜る御用窯として作陶したことに始まります。
その後、多くの陶工に技が受け継がれ、努力・精進により今日の隆盛を見るに至りました。
2002年経済産業省より「伝統的工芸品」に指定され、下記の規約が制定されました。

●当店では…
当店では、作家・樋口大桂が一切の妥協をせず、「伝統的工芸品」としての規約を遵守して作陶した
作品をご案内しております。
又、日本工芸会に所属し、公募展などに出品するための作陶をしながら、日々自己の研鑽に努めてお
ります。
多くの皆様に、本物の萩焼と言える樋口大桂の作品をお使いいただき、土のぬくもりの伝わる萩焼の
良さを知っていただければと思っております。

≪萩焼の特徴について ≫

●伝統的工芸品(下記参照)
 ⇒萩焼は伝統的工芸品に指定されているやきものです。
●萩の七化け(下記参照)
 ⇒萩焼は作陶する人間により生まれ、使う人によって深みを増し育っていくやきものです。
 
●うつわの比較検証(下記参照)
 ⇒萩焼は、ガラス製品と比較してビールなどの飲み物がとってもおしいくなるやきものです。
  萩焼は、ガラス製品・磁器と比較して冷たいものをより冷たくさせるやきものです。
  萩焼は、磁器と比較して熱いものを入れてもあまり熱く感じず、逆に冷めにくいやきものです。


≪萩焼の工程(当窯・樋口大桂の場合) ≫

●土もみ−1・荒もみ2・菊もみ→3・まとめ
●成型(ろくろ)−1・水引き→2・乾燥→3・ケズリ・仕上げ→4・乾燥→5・(化粧掛け)→6・乾燥
●成型(押し型−)1・成型→2・乾燥→3・ケズリ・仕上げ→4・乾燥
●成型(たたら)−1・土伸ばし→2・乾燥→3・成型→4・乾燥→5・仕上げ(足付け)→6・乾燥
●焼成−1・窯づめ→2・素焼(900℃)→3・窯出し→4・釉がけ→5・窯づめ→6・本焼(1280℃〜1300℃)→7・窯出し
※樋口大桂の作陶の詳細はこちらからどうぞ。


≪萩の七化け(はぎのななばけ)≫

萩の陶土は、きめが粗く耐火度が高いため焼き締らないという特徴があり、素焼・釉薬け・本焼と
いう工程で2回焼成します。釉薬をかけて本焼をすることで強度が増すと同時に、陶土と釉薬の収
縮率の違いによる表面のひびわれた状態の貫入(かんにゅう)がおこります。
貫入により吸水性が生じることにより、お茶などの色見のあるものを入れると次第に染み込んでい
き、ご使用の度合いによって味わいが出ることから『萩の七化け』とよばれ、お茶人からも特別好
まれるようになった所以かと思います。
伝産法の規約に基づいてまじめに作陶した作品は、大量生産品と違いとても味わい深いものになり
ます。
萩焼は作陶する人間により作品が生まれ、その作品を使う人によって大切に育てられることにより、
侘び・寂びのある深みを増した作品に完成されていくやきものです。
※樋口大桂の作風別「萩の七化け」については、こちらからどうぞ。

≪伝統的工芸品(伝産法-でんさんほう)≫

萩焼は、2002年1月経済産業省より伝統的工芸品として指定され、下記の内容は実際に告示さ
れた資料に基づき掲載しております。

一・伝統的工芸品の名称 萩焼(はぎやき)
二・伝統的な技術又は技法
1・胎土(たいど)は水簸(すいひ)により調合すること。
2・成形は、ろくろ成形・手ひねり成形・押型成形・たたら成形によること。
3・素地の模様付けをする場合には、化粧がけ(けしょうがけ)・刷毛目(はけめ)・象がん・印花(い
  んか)・面取り(めんどり)よること。
4・釉掛け(ゆうかけ)は、ずぶ掛け・柄杓(ひしゃく)掛け・吹き掛けによる。この場合において、
  釉薬は、木灰釉(もくばいゆう)・藁灰釉(わらばいゆう)・鉄釉(てつゆう)とすること。
5・窯詰めは、天秤積み(てんびんつみ)・棚積み(たなつみ)・さや積みによること。
三・伝統的な原材料 使用する陶土は、大道土(だいどうつち)・金峯山土(みたけつち)・見島土、又
  はこれらと同等の材質を有するものとすること。
四・製造される地域 山口県萩市・長門市・山口市・阿武町・大津郡三隅町
五・指定年月日 平成14年1月30日
※緑色部分が当窯・樋口大桂の技法です。

≪うつわ(萩焼とガラス・磁器)の比較検証≫

伝統的工芸品萩焼の特徴とカップ類の上手な使い方

萩焼について-萩焼とガラスの比較検証


おいでませ大桂庵へ!


萩焼窯元ネットショップ大桂庵のご案内-おいでませ大桂庵へ!


当店(大桂庵)は、下記の実店舗を基本にネット通販・お電話によるご注文・お問合せなどにも対応し
ておりますので、ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

≪大桂庵・実店舗≫

  

◎所在地―萩市椿東椎原2区1505-2
◎営業時間―不定時間(※9:00〜17:00頃まで)
◎休業日―不定休(※原則的には毎週水曜日 年末年始その他)
◎お支払方法―現金・クレジットカード・代引き・郵便振込他
◎発送―全国各地にお届けします。
  送料・お買上金額によるサービスは下記のとおりです。
【ゆうパック】
1・北海道-1360円(13600円以上で無料) 2・東北地方-1050円(10500円以上で無料)
3・関東・信越地方-840円(8400円以上で無料 4・北陸・東海地方-740円(7400円以上で無料)
5・近畿・中国・四国・九州地方-630円(6300円以上で無料) 6・沖縄-1150円(11500円以上で無料)
※お届け通知サービス-ご注文主様とお届け先が違う場合、お届け後にお届け通知をお送りいたします。
【西濃運輸】
・全国一律630円(5250円以上のお買上で無料)
◎スタンプカード進呈―1000円お買上ごとに1個捺印・10個で500円引き・有効期限なし
◎和紙のランチョンマットのおまけ―お買上金額に応じて進呈します。
◎お願い―基本的には上記の時間(上記の休業日以外)に営業しておりますが、当店は少人数で業務して
     いるため、作陶・荷造りなどによるその日の業務次第となっております。
     ご来店予定を事前にご連絡をいただければ、時間外・原則的休業日でも対応いたします。
◎駐車場―店舗の裏に普通車で5台くらい駐車できます。
◎近隣の施設―伊藤博文公旧宅・別邸の手前1分、松下村塾・松蔭神社から徒歩3分

 
◎大桂庵のスタンプカード   ◎和紙のランチョンマット

≪大桂庵・お電話による対応≫


◎電話番号―0838-22-1447
◎お買物券進呈―ご注文金額の5%相当のお買物券を同封いたします。有効期限は1年以内です。
◎お願い―下記について、よろしくお願いします。
‥店の電話は自宅と兼用になっておりますので、時間に関わらず在宅時には対応させていただきますが、深
 夜・早朝のお電話はご遠慮下さいませ。
外出時には携帯電話に転送いたしますが、つながりにくい場合は再度ご連絡下さいませ。
E店の電話は「非通知」による場合はかからない設定となっておりますので、電話番号を表示のままお電話
 下さいませ。

◎大桂庵お買物券


≪大桂庵までの交通アクセス≫

【山口県外から萩まで〜萩市外から萩市内まで】
◎お車―中国自動車道九州方面・美祢I.C.→萩―約50分  大阪方面・山口I.C.→萩 約60分
◎飛行機―山口宇部空港 バス→新山口駅→萩―2時間  萩・石見空港 バス→萩―1時間15分
◎JR 新山口駅 バス→萩 1時間20分

【萩市内より】
◎お車―萩有料道路→当店まで約20分 萩バスセンター→当店まで約10分 東萩駅→当店まで約5分
◎徒歩―萩バスセンター→当店まで約30分 東萩駅→当店まで約15分 松下村塾→当店まで約3分 

※カーナビで、「松下村塾」まではガイドしてくれると思います。
ご不明な場合は当店までお電話をいただければ、道案内をさせていただきます。
【ご連絡先 TEL : 0838-22-1447】


おいでませ萩へ!


おいでませ萩へ-萩の地図


萩焼が生まれ育った町、そして皆様にお届けする萩焼を作陶している町があるのが山口県
萩市です。私の独断と偏見で観光マップとは違う角度から編集し、ほんの一部ですがご紹
介しております。ぜひ一度、さらに二度三度、萩と大桂庵においでくださいませ。何かご
不明な点がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

≪萩の略地図≫


≪萩のおもしろどころ≫

【吉田松陰先生誕生地から見る萩市街】


【大桂庵のから徒歩1分伊藤博文公別邸】   【陶土で出来てる伊藤博文公陶像】
  

【敵をあざむく為?城下町の鍵曲がり】    【土塀と夏みかんのマンホール】
  

【田中義一公別邸と邸宅内に咲く夏みかん】  【一度は乗ってみたい城下町の人力車】
  

【近代的な建物の山口県立萩美術館】     【古風な建物の萩博物館】
  
 

【見てみたかったと思う萩城の天守閣跡】   【珍しい天然記念物の桜ミドリヨシノ】
  

【菊ヶ浜から見る夕日に染まった指月山】  【北長門海岸国定公園内の菊ヶ浜海水浴場】
  

【昔は洗い物をしていたという藍場川】    【郷愁のあるレトロな萩駅舎】
   

【約25,000本のヤブ椿が自生する椿群生林】  【笠山のそばの日本海にいるウミネコ】
  

≪萩のイベント≫-春-

【指月公園のお花見】                
3月下旬から4月上旬頃が見頃です。ミドリヨシノという珍種の桜もあります。

      


【萩焼まつり】
毎年、5月1日〜5日各種イベントと共に開催されます。


【夏みかんまつり】
夏みかんの花が見頃の5月中旬頃の土日に開催されます。


【萩オープンガーデン】
5月中旬から下旬にかけて市内の文化財施設の庭園や個人のお庭が期間限定で特別に公開されます。



≪萩のイベント≫-夏-

【ひまわりロードフェスタ】
萩むつみ地区の7月は約10万本のひまわりが咲き乱れ、下旬にはイベントが開催されます。




【菊ヶ浜の海開き】
北長門海岸国定公園内に位置し白砂青松の海岸として有名で、”快水浴場百選”にも選定されています。

            

【萩夏まつり】毎年8月1日〜3日の三日間は萩がおまつり一色になります。
1日の「萩・日本海大花火大会」を皮切りに、2日は市民総踊り「ヨイショコショ」パレードやよさこいなど、
3日は伝統的行事で県無形民俗文化財に指定されている「お船謡」の披露や神輿が市内を練り歩きます。



  


≪萩のイベント≫-秋-

【萩・田町萩焼まつり】  
毎年10月上旬から中旬の土日をはさんだ4日間、萩田町の商店街で抽選による出店業者の萩焼まつりが開催さ
れます。同時期に「着物ウィーク in 萩」や「萩・竹灯路物語」も開催されます。 


【萩・時代まつり】毎年11月の第2土・日曜日
毛利歴代藩主や萩大名行列などによる「萩時代パレード」が市内を練り歩く江戸時代の歴史絵巻、前日より
中央公園を中心に「ふるさとまつり」が同時開催されます。




≪萩のイベント≫-冬-

【冬を彩るイルミネーション】
12月は萩市役所前庭や萩駅前・萩城跡などがライトアップされ、夜の観光スポットとして萩の夜を彩ります。


【萩城下の古き雛たちと流し雛】2月3日〜4月3日
萩市民の家庭で受け継がれてきた江戸時代から現在に至るまでの雛飾りを、旧久保田家住宅をメイン会場に
展示されます。

 



【萩椿まつり】毎年2月の中旬〜3月下旬の土・日曜日
萩市笠山にある椿群生林には約25,000本のヤブツバキが生息し、初春には可憐な花を咲かせ見頃を迎えます。
その時期に群生林内で「萩・椿まつり」が開催されます。
おいでませ萩へ-冬のイベント・萩椿まつり

おいでませ萩へ-冬のイベント・萩椿まつり

【萩往還梅林園】1月下旬〜3月中旬
10種類300本の梅が次々と咲き始め、可憐な花々に早春の息吹を感じることができます。




                   
                   

おもしろ写真館-大桂庵編


萩焼窯元ネットショップ大桂庵のご案内-おもしろ写真館(大桂庵編)




【鬼白のお湯呑ふたつ】
萩焼は生地で素焼きをし、釉薬を掛けて本焼きをします。釉薬は焼成時に溶けますが、いかにタイ
ミング良く焼成をストップさせるかで作品の出来上がりが違ってきます。この画像は焼成の時にく
っついてしまい、窯出しの時に発見したものです。




【立つ急須の作陶とは…?】
テーブルの上に立つ急須は、基本的にバランス良く作陶されたものです。手造りの急須は本体・取
っ手・口・蓋とすべて別々に作陶しあとから付けますが、その過程において本体をすべて同じ厚み
で造れているか・適切な角度で取っ手がつけられているかなどによって、使いやすい・注ぎやすい
・重く感じないなどの急須となります。
なお、作風・味わい重視の作品の場合は必ずしも該当しないこともありますので、悪しからずご了
承下さい。




【やきものは力仕事…?】
ろくろで造ったものを板(90cm)に並べ次々と造り、板にいっぱいになると乾燥させる為に違う場所
に移動させます。画像は花入れですが、1本1.3Kgで造り14本の総重量は18Kgになります。背の高い
花入れはバランスよく持ち上げるのに一苦労です。
この作品の場合、ろくろで造った後に乾燥・仕上げ(削り)・乾燥・素焼・釉薬掛け・本焼きの工程
を経て最終的には700g程度まで軽くなりますが、その間、この板に乗せて数えきれないほど移動さ
せますのでやきものは正に力仕事といえます。




【大きい作品は軍手が必需品…?】
ろくろでやきものを造る時、手に水分と一緒にぬた(陶土に多量の水分を含ませたもの)を手に取り
造ります。つぼ・皿・鉢などの大きい作品を造る時は、適度な水分とぬたを含んだ軍手をして造る
ことで水分を調整しやすくなるので造りやすくなります。
若い頃は手で直接造っていた樋口大桂も、日本工芸会山口支部の先輩に教わってからは大きい作品
の作陶時には軍手が必需品となりました。
画像は1本8Kgの陶土で32cmの大きさのつぼを造っているところですが、1割少し縮みますので出来
上りは28cm程度の大きさのつぼになります。
【この作品のこの後の工程】
乾燥⇒削り・仕上げ⇒乾燥⇒化粧掛け⇒乾燥⇒素焼⇒釉薬掛け⇒本焼き⇒窯出し







【釉薬で手が真っ黒に…?】
萩焼の陶土は粗く耐火度高いために焼き締まりにくいという特質があり、素焼・施釉・本焼きをす
るという工程により強度が増します。この作品は御本手と鉄釉の掛分けという作風で2種類の釉薬
を掛けて焼成しますが、いかに掛け分けるがとても難しく造り手の腕の見せ所です。釉薬のついた
手は、ゴシゴシ洗わないとなかなか落ちません。


おもしろ写真館-色々編


萩焼窯元ネットショップ大桂庵のご案内-おもしろ写真館(色々編)




【萩らしい…?!】

萩の名産品のひとつでもある夏みかんをデザインしたマンホールのふたで、萩の城下町に設置して
あります。ちなみに、マンホールのふたは落ちないようにという配慮から丸くなっていると以前テ
レビで見たことがあります。





【萩のまちでタイムスリップ…!】

毎年11月第2日曜日に行われる「萩時代まつり」のひとコマです。萩時代パレード・大名行列など、
今でも江戸時代の古地図を使うことができる萩のまちで、当時にタイムスリップしたような歴史絵巻
が展開されます。秋の萩にも、ぜひ、お出かけ下さいませ。ちなみにNHKの大河ドラマにもなった毛利
元就公に扮しているのは、萩市長です。




【2005年は元旦から珍事…!】

2005年の元旦、起床すると一面が銀世界になっていました。萩では1年の間に降る雪は数回、町中に住む
人はスノータイヤなども必要のないぐらいです。その数回のうちの1回が元旦に…!そして、その雪はそ
の冬の少し遅い初雪で、元旦から珍事が重なりました。雪国の皆様にとっては日常のことが、萩では珍事
となり思わずシャッターを押しました。ちなみに萩での元旦の降雪は19年ぶりということでした。



【大桂庵のそばに初代内閣総理大臣!】

1841年山口県光市(旧熊毛郡)で出生、9歳までを過ごし後に家族と共に萩に移住。
1854年父が伊藤家の養子になり伊藤姓を名乗る。
1857年松下村塾に入塾。
1859年安政の大獄により刑死した吉田松陰師の遺骸を同士と共に小塚原回向院に埋葬する。
1868年(明治1年)兵庫県知事になる。
1885年(明治18年)44歳2か月の若さで初代内閣総理大臣となり、その後、5代・7代・10代内閣総理大
      臣などの要職を歴任、昭和38年にはお札の肖像画にもなる。

画像の陶像は青年期までを過ごしたわら葺き屋根の旧宅のそばに昭和5年に建立され、又、1907 (明
治40年)東京都品川区に建てられた別邸が平成13年に旧宅のとなりに移築されました。
農家の長男として生まれた利助少年がいろいろな人との出会いと時代背景の中で伊藤博文として偉大
な政治家となった背景には、吉田松陰先生からも「才劣り、学幼し。しかし、性質は素直で華美にな
びかず、僕すこぶる之を愛す」と評され、「俊輔、周旋(政治)の才あり」とされたように、誠実な
性格と幼少期よりその才覚があったからではないでしょうか。ちなみに陶像・旧宅・別邸は、すべて
大桂庵のすぐそばにあります。

リンク集

萩焼窯元ネットショップ大桂庵のご案内-リンク集

《相互リンクをご希望の方へのお願い》 萩焼窯元ネットショップ大桂庵リンクバナー
●当店(higuchi@taikeian.net 担当・樋口)までご連絡をお願いいたします。
●上記のバナーをご利用下さい。
●ご依頼のサイトのカテゴリーによっては、相互リンクをお断りさせていただくことがございます。
●相互リンクサイトにおいて当店のリンクが切れてる場合は、リンクを解除させていただきます。

●当サイト内の相互リンク切れとなってる場合は、当店までご連絡をお願いします。


【美術・工芸・やきもの関連】
リンクサイト-日本工芸会  リンクサイト-山口県立萩美術館「浦上記念館」 リンクサイト-アートアクセス

【山口県・萩市関連】
リンクサイト-萩市公式サイト リンクサイト-萩観光協会サイト「ぶらり萩あるき」 リンクサイト-萩商工会議所 リンクサイト-アサ萩
 
【ランキングサイト】
※当店では多くの皆様にご来店いただきたく、下記のランキングサイトに登録しております。
各バナーをクリックして、ぜひ当店にご投票下さいませ。
ランキングサイトe-shopバナー・生活雑貨の陶器部門 ランキングサイトe-shopバナー・生活雑貨の工芸品部門 ランキングサイトe-shopバナー・和風の和食器部門 ランキングサイトe-shopバナー・和風の伝統工芸部門 ランキングサイトe-shopバナー・美術アートの陶芸部門 ランキングサイトWEB SHOPバナー・陶器・陶磁器部門 ランキングサイトWEB SHOPバナー・和食器部門 WEB SHOP 探検隊 茶器 WEB SHOP 探検隊 酒器 リンクサイト-陶器ポータル リンクサイト―ネットショップランキング・食器 リンクサイト―ネットショップランキング・美術アート リンクサイト―ネットショップランキング・ギフトプレゼント


【相互リンクサイト・バナー】
リンクサイト-わが街へようこそ リンクサイト‐雑貨サーチ リンクサイト‐やきものサーチ リンクサイト-買いぱら リンクサイト‐カーテンのオーダー通販コンフォート リンクサイト‐お茶の福本園 リンクサイト-陶らいふ

【相互リンクサイト・テキスト】
急須専門店の茶器.net 陶芸・はじめの1歩2歩 有田だよ窯吉 陶芸作り方@ナビ 

大桂庵の掲載


【大桂庵をご紹介いただいてるメディア】

《るるぶ 山陰2010年版》


《るるぶ 萩・津和野・山口2007年版》


《るるぶ 萩・津和野・山口2005年版》

うつわのお取り扱いについて

萩焼窯元ネットショップ大桂庵のご案内-萩焼について・うつわの使い方


≪うつわのお取扱い≫


人の手でひとつひとつ手造りされた萩焼(伝統的工芸品)は、土のぬくもりが伝わること・お飲み物
や食べ物をより美味しくお召上がりいただけること・「萩の七化け(お使いいただく度合いによって
味いが増す)」などにより、癒し効果と共に愛着が一層増すやきものです。
当窯の作家・樋口大桂は、使いやすいようになるべく軽くて丈夫な作陶を常に心がけております。
下記でご説明しておりますお取扱により、長くご愛用いただきますようお願いいたします。

【和食器】

●うつわのお取扱い・洗浄・乾燥について
初めての時はほこりをとる程度の洗浄で結構です。煮沸消毒は必要ありません。
実際お使いになられた後は、一般的な台所洗剤で洗浄しよくすすいで下さい。
茶しぶがついた時は、ホームセンターなどで市販のメラミンフォームのスポンジで落ちます。
ご使用前に水につけることにより、うつわに油類・調味料が染み込みにくくなりかびの発生しにくく
させます。
洗い桶に洗剤とうつわを一緒に入れてするつけ置き洗いは、あまりおすすめできません。
磁器は陶器より硬いため、磁器と一緒の洗浄はお気をつけ下さい。
食器洗浄機・食器乾燥機のご使用は問題ございませんが、しっかり乾燥させてから収納して下さい。
特に梅雨時期は、念入りにされることをおすすめします。
■湯通しのおすすめ
大きめの鍋にうつわと水を入れしばらく(30分程度)煮沸させる方法で、時々、湯通しをすることで
うつわの洗浄効果と共に「萩の七化け」と言われる味わいのあるうつわになります。
●うつわの水漏れについて
萩焼は吸水性があるという特徴により水漏れの可能性があるやきものですが、当窯では作家・樋口大
桂の高温焼成により従来よりは水漏れしにくいかと思います。
和食器の場合、お茶やコーヒーが染み次第に漏れなくなってくると思います。
●おすすめ-『うつわを水につける』
萩焼の吸水性と保温・保冷効果があるという特徴から、下記のお取扱いをしていただくことでうつわ
がしっとりとした状態となり、お料理が映えよりよりおいしくなります。
又、ビールの泡が肌理細かくなり、より美味しくより冷たいビールをお召上がりいただけます。
○冷たいお料理(麺類・サラダ・スープ)の場合
 盛り付ける前にうつわに水分を含ませて拭き冷蔵庫で冷たくしておく
○温かいお料理の場合
 事前にうつわに熱い湯を入れる・レンジで温めるなどをしてから盛り付ける
○ビールジョッキ・タンブラーなど
 うつわに水分を含ませて布巾で拭き、冷蔵庫に入れておく
●調理器具・家電によるうつわのお取り扱いについて
○電子レンジは?
 うつわがまだ熱い時のお取扱いにご注意下さい。
○電気オーブン?○オーブントースター?
 長時間のご使用と、うつわがまだ熱い時のお取扱いにはご注意下さい。
○ガスレンジの直火?○ガスオーブン?
 萩の陶土は直火に対応しておりませんので、絶対にしないでください。
○冷凍庫は?
 うつわが破損する可能性がありますので、絶対に入れないでください。
●高台(うつわの外側の底の部分)のざらつきについて
萩焼は下記の事由により多少のざらつきがありますので漆器の折敷の上でうつわを置いたまま動か
さないようにしていただき、出来ましたら布製・和紙のマットをお使い下さい。
 その1・萩焼の陶土はきめが粗い
 その2・作風によってはいろいろな大きさの砂を混ぜて作陶するため
 その3・焼成時に掛ける釉薬を高台部分は掛けられないため
■お気になる場合は、砥石・サンドペーパーなどで軽くこすってみて下さい。
●下記のように食器を花器として使用する場合
◆鉢に小さめの剣山を入れてミニ水盤とする ◆鉢に水を多めに入れ花びらを浮かべる
基本的に食のうつわの場合、食器として使えなくなるためシンナー類による水止め処理をしており
ません。又、専門業者により食器用のシンナーも販売されるようですが、健康被害についての保証
ができないことから「安心・安全」のため当店では使用しておりません。
下記の漏れ止め処理をしてからお花を生けてください。 
■ご家庭で出来る漏れ止め方法
〆酩覆鬚茲乾燥させる。
△米のとぎ汁やおもゆを煮てのり状にしたもの・フノリを準備する。
 (お米のとぎ汁の場合は、ご飯を少し入れるとのり状になりやすいです。)
上記,里Δ弔錣法⊂綉△鯑れてしばらく(1〜2日程度)そのままにしておく。
ぞ綉をよく洗浄し、乾燥させる。
※上記方法後も水漏れする場合は、再度繰り返してください。

【酒器】

●うつわのお取扱・洗浄・乾燥について
初めての時はほこりをとる程度の洗浄で結構です。煮沸消毒は必要ありません。
実際にお使いになられるときは、徳利・ぐい呑共にしばらく水につけておいてからご使用いただき、
ご使用後もしばらく水につけておいてから洗浄・乾燥させて下さい。ご使用前後に水につけること
により、アルコールが染み込みにくくなることでかびを発生しにくくさせます。食器洗浄機・食器
乾燥機のご使用は問題ございませんが、しっかり乾燥させてから収納して下さい。
特に梅雨時期は、念入りにされることをおすすめします。
■湯通しのおすすめ
大きめの鍋にうつわと水を入れしばらく(30分程度)煮沸させる方法で、時々、湯通しをすること
でうつわの洗浄効果と共に「萩の七化け」と言われる味わいのあるうつわになります。
●徳利に熱燗を入れて召し上がる場合
徳利を使う前にしばらく水につけておき、別の器具で燗をしたお酒を入れて下さい。
●ぐい呑・徳利の「萩の七化け」について
お茶などを入れるお湯呑などに比べ、お酒をを入れてご使用されることの多いぐい呑の場合は味わ
いの変化に時間を要します。先にお茶などをお召上がりになられてから、味わいを楽しまれる方も
おられます。
●高台(うつわの外側の底の部分)のざらつきについて
萩焼は下記の事由により多少のざらつきがありますので漆器の折敷の上でうつわを置いたま
ま動かさないようにしていただき、出来ましたら布製・和紙のマットをお使い下さい。
 その1・萩焼の陶土はきめが粗い
 その2・作風によってはいろいろな大きさの砂を混ぜて作陶するため
 その3・焼成時に掛ける釉薬を高台部分は掛けられないため
■お気になる場合は、砥石・サンドペーパーなどで軽くこすってみて下さい。
●徳利に花を生けるなど花器にする場合
基本的に食のうつわの場合、食器として使えなくなるためシンナー類による水止め処理をしており
ません。又、専門業者により食器用のシンナーも販売されるようですが、健康被害についての保証
ができないことから「安心・安全」のため当店では使用しておりません。
下記の漏れ止め処理をしてからお花を生けてください。
■ご家庭で出来る漏れ止め方法
〆酩覆鬚茲乾燥させる。
△米のとぎ汁やおもゆを煮てのり状にしたもの・フノリを準備する。
 (お米のとぎ汁の場合は、ご飯を少し入れるとのり状になりやすいです。)
上記,里Δ弔錣法⊂綉△鯑れてしばらく(1〜2日程度)そのままにしておく。
ぞ綉をよく洗浄し、乾燥させる。
※上記方法後も水漏れする場合は、再度繰り返してください。

【花器】

●うつわの水漏れについて
萩焼は吸水性があるという特徴により、水漏れの可能性があるやきものです。花器の場合は水を入れ
たまま使う器ということで、当窯では窯出し後に専用のシンナーで漏れ止め処理をしてから販売して
おりますが、最初にお使いになる際は水漏れしても大丈夫な所で水漏れの度合いをご確認いただき、
水漏れする場合は下記の漏れ止め処理をしてください。
■ご家庭で出来る漏れ止め方法
〆酩覆鬚茲乾燥させる。
△米のとぎ汁やおもゆを煮てのり状にしたもの・フノリを準備する。
 (お米のとぎ汁の場合は、ご飯を少し入れるとのり状になりやすいです。)
上記,里Δ弔錣法⊂綉△鯑れてしばらく(1〜2日程度)そのままにしておく。
ぞ綉をよく洗浄し、乾燥させる。
※上記方法後も水漏れする場合は、再度繰り返してください。
●うつわの洗浄と乾燥について
通常の洗浄で結構です。煮沸消毒は必要ありません。
萩焼は吸水性があるという特徴があるため、洗浄された後はしっかり乾燥させてから収納し
て下さい。特に梅雨時期などは、念入りされることをおすすめします。
●高台(うつわの外側の底の部分)のざらつきについて
萩焼は下記の事由により多少のざらつきがありますので漆器の折敷の上でうつわを置いたまま動かさ
ないようにしていただき、出来ましたら布製・和紙のマットをお使い下さい。
 その1・萩焼の陶土はきめが粗い
 その2・作風によってはいろいろな大きさの砂を混ぜて作陶するため
 その3・焼成時に掛ける釉薬を高台部分は掛けられないため
■お気になる場合は、砥石・サンドペーパーなどで軽くこすってみて下さい。
●花器の「萩の七化けけ」について
花器は水を入れてのご使用のため、お湯呑などに比べて味わいの変化に時間を要します。
お茶葉の出がらしを入れた布で拭き、味わいを楽しまれる方もおられます。

【茶道具】

●うつわのお取扱い・洗浄・乾燥について
初めての時はほこりをとる程度の洗浄で結構です。煮沸消毒は必要ありません。下記の各状況で洗浄
されたうつわは しっかり乾燥してから収納して下さい。特に梅雨時期は、念入りにされることをおす
すめします。
○茶室でお使いになられる場合
 ご流派のお作法にそってお取扱い下さい。
○気軽にお抹茶をお召上がりになる場合
 台所でさっと水洗いしていただいて大丈夫かと思います。
■湯通しのおすすめ
大きめの鍋にうつわと水を入れしばらく(30分程度)煮沸させる方法で、時々、湯通しをすることで
うつわの洗浄効果と共に「萩の七化け」と言われる味わいのあるうつわになります。
●高台(うつわの外側の底の部分)のざらつきについて
萩焼は下記の事由により、多少のざらつきがあります。水指・蓋置きなど茶室の漆器の上でお使いに
なる場合は、くれぐれも気をつけてお取扱い下さい。
 その1・萩焼の陶土はきめが粗い
 その2・作風によってはいろいろな大きさの砂を混ぜて作陶するため
 その3・焼成時に掛ける釉薬を高台部分は掛けられないため
●水漏れについて
萩焼は吸水性があるという特徴により、水漏れの可能性があるやきものです。花器の場合は水を入れ
たまま使う器ということで、当窯では窯出し後に専用のシンナーで漏れ止め処理をしてから販売して
おります。
○水指の場合
当店では花器にするシンナー類による水止め処理はもちろん、専門業者で販売している食器用のシン
ナーも健康被害についての保証ができないことから「安心・安全」のため当店では使用しておりませ
ん。最初にお使いになる際は、水漏れしても大丈夫な所で水漏れの度合いをご確認いただき、水漏れ
する場合は下記の漏れ止め処理をしてからお使いください。
○抹茶碗の場合
お茶が染み次第に漏れなくなってくると思います。
■ご家庭で出来る漏れ止め方法
〆酩覆鬚茲乾燥させる。
△米のとぎ汁やおもゆを煮てのり状にしたもの・フノリを準備する。
 (お米のとぎ汁の場合は、ご飯を少し入れるとのり状になりやすいです。)
上記,里Δ弔錣法⊂綉△鯑れてしばらく(1〜2日程度)そのままにしておく。
ぞ綉をよく洗浄し、乾燥させる。
※上記方法後も水漏れする場合は、再度繰り返してください。