お買物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様のお声 サイトマップ
注目キーワード
先の九州北部豪雨並びに各地の大雨により被災されました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

◎7月20日〜8月25日17時まで◎実店舗・ネットショップ

樋口大桂&大桂庵・・感謝の思いをこめて!

5月〜6月、樋口大桂にとって生涯初めての身体のメンテナンスがおかげさまで無事に終わり、又、大桂庵にとっての嬉しいことが重なり、この度、感謝の思いを込めて下記の内容にて開催させていただくことといたしました。

在庫のある限りでございますので、ぜひ、この機会にご注文・ご来店をお待ちしております。

《イベント特別割引》

◎全作品⇒1つご注文で表示価格より「29%割引」・2つ以上のご注文で表示価格より「35%割引」

◎友の会会員様⇒1つご注文で表示価格より「35%割引」・2つ以上のご注文で表示価格より「50%割引」
※友の会のご入会については、「入会申込書」「入会金3,240円」による事前のお手続きが必要となりますので、ご希望の方は当店までご連絡下さいませ。

《嬉しいイベント特典》

【実店舗&ネットショップ】◎先着50名様にうちわ1枚進呈

◎おまけA-割引+ネットポイントご利用金額後の金額が20,000円以上の先着5名様に鬼白の夫婦飯碗進呈
◎おまけB-割引+ネットポイントご利用金額後の金額が10,000円以上の先着15名様にカップ&皿のどれか1組進呈

【実店舗】-スタンプカード2倍・冷抹茶サービス
【ネットショップ】-お買物券2倍

【イベント期間中のポイント・お買物券・スタンプカードのご利用と送料の対応について】

●ネットポイントは期間中もご利用いただけ、送料サービス対応金額からも除外となります。
●お買物券・スタンプカードのご利用はご容赦下さいませ。
●ご注文金額によるお届け先別送料サービス並びに西濃運輸へのご変更時の送料サービスは、ネットポイントご利用後の金額となりますのでご注意下さいませ。


201707・樋口大桂と大桂庵の「感謝の思いを込めて」冷抹茶サービス

「お願い」
※ご注文の際及びご注文後すぐ自動的に送信させるメールには割引価格・送料サービスとなっておりませんが、こちらで最終的な在庫などを確認した上で割引・決済処理をし割引金額を明記したサンクスメールを送信させていただきます。

※割引することにより送料サービス金額から対象外となる場合がございますのでご注意下さいませ。

※当店では過剰包装しないで欲しいというご要望から、割れないようにしっかりパッキンで包み発送しております。
のし紙掛けをご希望のような贈り物にされる場合は、各ページの下にある各箱を別途ご注文下さいませ。

※ホームページに未掲載の作品も多数ございますので、ご希望がございましたら下記までご連絡下さいませ。


【大桂庵のホームページでのお買物について】

◎各作品の税込価格+各箱代(ご希望の場合のみ)+送料(お買物金額及び発送先によりサービス)
※友の会の会員様は会員割引30%引き⇒ご入会は別途お手続きが必要となりますので当店までご連絡下さい。

※ネット会員にご登録でネットポイントを発行⇒次回のご注文時にシステムからご利用下さい。

※ご注文金額の5%相当のお買物券進呈(明細書に同封)⇒次回ご注文時、備考欄に発行No(有効期限内のもの)をご記入ください。

※ご注文の際及びご注文後すぐ自動的に送信させるメールには割引価格・送料サービス・お買物券ご利用の値引きとなっておりませんが、こちらで最終的な在庫などを確認した上で割引・決済処理をし割引金額を明記したサンクスメールを送信させていただきます。

※割引することにより送料サービス金額から対象外となる場合がございますのでご注意下さいませ。

※当店では過剰包装しないで欲しいというご要望から、割れないようにしっかりパッキンで包み発送しております。
のし紙掛けをご希望のような贈り物にされる場合は、各ページの下にある各箱を別途ご注文下さいませ。

※ご不明な点がございましたら当店までお気軽にご連絡下さいませ。(電話 0838-22-1447・樋口まで)


日本伝統工芸展


萩焼窯元ネットショップ大桂庵-あーとさろん大桂


≪第49回日本伝統工芸展≫【萩緋色掛分壷】




■作陶のご説明■
◎本体径×高さ―34.0cm×42.0cm
◎陶土―大道土 ◎化粧掛け―吹き掛け ◎釉薬―木灰釉薬 ◎焼成―還元焼成

■樋口大桂の思い■
自分の中においての伝統系への思いを強くしてから約2年間、自分の頭の中にある作品へのイメー
ジを考え過ぎてしまう日々を費やしていました。
この作品は、頭の中を整理して「自分の造りたいものを造ろう。」というシンプルな思いだけで、
ただひたすらに挑んだ作品です。
窯から出して見た時は、自分の作品でありながら感激のあまり時間の経つのを忘れてしばらく見と
れていました。
この公募展は、出品してから発表まで1ヶ月以上ありますが、この年のその時間の長さはそれまで
に感じたことのない時の長さを感じました。
新聞発表の朝、その日が新聞に掲載されるということを知らず、また、その日は休業日だったので
比較的ゆっくりしておりましたら、大先輩の方からお電話をいただき、「樋口くん、おめでとう!」
と言われ、つい思わず大きな声で「本当ですか?」と言ってしまうほど我を忘れて感激しました。
電話を切ったあと、あまりのうれしさに家族で万歳をして、手を取り合い涙しながら喜びましたが、
大変な感激とともに、自分へのプレッシャーを痛感したのも事実です。

※この公募展は証明証が発行されないため、作品が掲載されている図録を掲載しております。



公募展・個展の説明