お買物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様のお声 サイトマップ
注目キーワード
進学・就職・栄転・退職の御祝・転居される方への記念品や、新生活のご準備に「萩焼伝統工芸士・樋口大桂」の「伝統的工芸品・萩焼」はいかがでしょうか。

当店ではその季節にマッチする風合いの作品をおすすめ作品として割引対応させていただいております。

福(29%)割引の春のおすすめ】 白姫・刷毛姫・淡青釉・姫萩(置物を除く)
◎期間-3月1日〜5月末日17時まで

◎こちらの春のおすすめアイコンイコンの付いた全作品表示価格より「29%割引」・友の会会員様「35%割引」

「お願い」
※ご注文の際及びご注文後すぐ自動的に送信させるメールには割引価格・送料サービス・お買物券ご利用の値引きとなっておりませんが、こちらで最終的な在庫などを確認した上で割引・決済処理をし割引金額を明記したサンクスメールを送信させていただきます。

※割引することにより送料サービス金額から対象外となる場合がございますのでご注意下さいませ。

※当店では過剰包装しないで欲しいというご要望から、割れないようにしっかりパッキンで包み発送しております。
のし紙掛けをご希望のような贈り物にされる場合は、各ページの下にある各箱を別途ご注文下さいませ。

※ホームページに未掲載の作品も多数ございますので、ご希望がございましたら下記までご連絡下さいませ。

大桂庵・春のおすすめ作品

【大桂庵のホームページでのお買物について】

◎各作品の税込価格+各箱代(ご希望の場合のみ)+送料(お買物金額及び発送先によりサービス)
※友の会の会員様は会員割引30%引き⇒ご入会は別途お手続きが必要となりますので当店までご連絡下さい。

※ネット会員にご登録でネットポイントを発行⇒次回のご注文時にシステムからご利用下さい。

※ご注文金額の5%相当のお買物券進呈(明細書に同封)⇒次回ご注文時、備考欄に発行No(有効期限内のもの)をご記入ください。

※ご注文の際及びご注文後すぐ自動的に送信させるメールには割引価格・送料サービス・お買物券ご利用の値引きとなっておりませんが、こちらで最終的な在庫などを確認した上で割引・決済処理をし割引金額を明記したサンクスメールを送信させていただきます。

※割引することにより送料サービス金額から対象外となる場合がございますのでご注意下さいませ。

※当店では過剰包装しないで欲しいというご要望から、割れないようにしっかりパッキンで包み発送しております。
のし紙掛けをご希望のような贈り物にされる場合は、各ページの下にある各箱を別途ご注文下さいませ。

※ご不明な点がございましたら当店までお気軽にご連絡下さいませ。(電話 0838-22-1447・樋口まで)


田部美術館大賞


萩焼窯元ネットショップ大桂庵-あーとさろん大桂


≪第14回田部美術館大賞「茶の湯の造形展」≫

【彩釉六角水指】

樋口大桂公募展入選作品・第14回田部美術館大賞「茶の湯の造形展」【彩釉六角水指】

■作陶のご説明■
◎(本体径)17.5cm ×(高さ)18.5cm
◎陶土―大道土 ◎釉薬―わら釉薬 ◎焼成―酸化焼成
■樋口大桂の思い■
前年度の横浜・高島屋の個展の前に、結晶釉の作風を茶道具に活かすことができないだろうか考え
作陶した作品です。
全体の形をシンプルにし胴の部分をややスリムにすることで結晶釉の作風を引き出し、口造りを二
重の六角にしたことで繊細さと力強さを出すことができたと思っております。
また、結晶釉の色合いが塗り蓋の黒色により、絶妙のコントラストも演出することができました。
この作品は公募展出品のために、個展出品作品とは別にとっておいたものです。
個展にも兄弟の作品を出品し大変ご好評をいただき、個展から3ヵ月後のこの公募展への意を強くし
ておりましたが、結果としてオリジナリティーの強いこの作品が、「茶の湯の造形展」というタイ
トルの公募展に入選できて大変うれしく思いました。
結晶釉の作風ではありますが、この作品にはあえて彩釉六角水指という作品名をつけました。

第14回田部美術館大賞「茶の湯の造形展」入選証



≪第10回田部美術館大賞「茶の湯の造形展」≫

【萩井戸形茶碗】
 

樋口大桂公募展入選作品・第10回田部美術館大賞「茶の湯の造形展」【萩井戸形茶碗】

■作陶のご説明■
◎(口径)14.1cm×(高さ)8.2cm
◎陶土―見島土 ◎化粧がけ―ずぶ掛け ◎釉薬―木灰釉薬◎焼成―還元焼成
■樋口大桂の思い■
「萩焼=茶陶」と言われることが多いように、萩で作陶している大桂にとって抹茶碗には特別な思
いがあります。
抹茶碗を作陶する場合、花器のように創作的なジャンルと違い、古い作品(先人が作陶した古萩)の
うつしをすることがあります。
萩(高麗としての)茶碗=井戸茶碗に代表されるように、井戸茶碗を造ることは萩の作家として大き
なあこがれがありました。
本来の井戸茶碗には数々の約束事がありますので、この作品は形を模倣した井戸形となっておりま
すが色合いに大変味わいがあります。
茶道に見識の深い松平不味公のお膝元の島根県松江市の公募展に入選でき、大変感激しました。

第10回田部美術館大賞「茶の湯の造形展」入選証


公募展・個展の説明